コーヒー ダイエット

コーヒーダイエットは3つ効果で痩せる!【おすすめの方法も解説】

運動、食事制限が続かない…。でも手軽に痩せたい!そう思う人は少なくはないはずです。

もうコーヒーダイエットは試しましたか?

実はコーヒーの成分には驚くべきダイエット効果があったのです!

〇この記事を読んで得られること

・ダイエットに効くコーヒーの成分がわかる

・市販のインスタントコーヒーにダイエット効果があるのかわかる

・ダイエット中に甘いコーヒーを飲んでいいのかわかる

・バターコーヒーの概要がわかる

・コーヒーで痩せるためのおすすめのやり方がわかる

コーヒーダイエットの3つの効果

コーヒーにはダイエット効果を高める成分があります。カフェイン、ポリフェノール、クロロゲン酸の3つです。

では具体的にどのような効果があるのでしょうか?

カフェイン

まずカフェインですが、利尿作用が促進されます。みなさんも人生で1度は、カフェイン入りの飲み物を飲んでトイレが近くなったという経験があるのではないでしょうか。

利尿作用が促進されることで、体の老廃物を外に出し、体内に悪いものをため込みにくくします。

ポリフェノール

次に、ポリフェノールには、脂肪燃焼を促進させる働きがあります。体内のエネルギー消費を高め、代謝が良くなると同時に、体内でのカロリー消費が高まり脂肪燃焼にも繋がるのです。ダイエット以外にも美肌やアンチエイジングなど、日ごろからお肌を気にしている女性の皆さんにとって嬉しい効果があります。

クロロゲン酸

最後のクロロゲン酸はポリフェノールの一種で、脂肪燃焼を助けます。食後に気になる血糖値の上昇を抑えたり、ミトコンドリアを活性化したりすることで脂肪燃焼に役立つ働きをしてくれるのです。実は香りを決めるのはこのクロロゲン酸です。コーヒーの香りには安眠効果もあり、ぐっすり眠ることで成長ホルモンによる脂肪燃焼も期待できます。

 

ダイエットにコーヒーは効果なし?

コーヒーダイエット人口がだんだん増えてきていますが、効果がなかったと感じている人もいるのです。せっかく手軽に痩せそうなのに…。と思っていたみなさん、諦めるのはまだ早いですよ。

効果がないと感じていた人の多くが、コーヒーだけに頼っていました。コーヒーはあくまでダイエットの効果を促進させる飲み物です。運動や食事制限といった基本的なことをしながら、コーヒーも取り入れなければ効果は出ないのです。

プロテインやサプリメントなどと同じで、過信しすぎては一向に痩せません。

また、砂糖を入れて飲んでいる方も、コーヒーでのダイエット効果が感じられなかったと言います。体に糖分は必要ですが、入れすぎては逆に太ってしまう原因になります。砂糖の取りすぎで、太るどころか虫歯や生活習慣病、糖尿病になってしまうかもしれないのです。どうしてもブラックが飲めない・甘いコーヒーの方が好きという方は、下でご紹介するものを砂糖に置き換えてみてください。

 

市販のインスタントコーヒーでも痩せられる

結論から言いますと、市販のインスタントコーヒーや自動販売機で見かける缶コーヒーでも痩せられます。

ですが、「コーヒー飲料」「コーヒー清涼飲料」に注意してください。

コーヒーと比べて豆が少なくなってしまいます。比較すると、コーヒー飲料は約1/2以上、コーヒー清涼飲料は約1/4以上、飲み物に含まれるコーヒー豆が少なくなっています。豆が減った分、ダイエットに効果的な成分も少なくなってしまうので注意が必要です。

また、市販のものを買うときには無糖を選ぶようにしてください。微糖や低糖だと人工甘味料が多く入っている可能性があります。せっかくダイエットのために買っても、それでは無駄ですよね。ただ、無糖と書かれていても、少し甘味料が入っていることがあるので裏の成分表記をしっかりチェックしてみてください。

 

ダイエットに牛乳入りのコーヒーはいいの?

砂糖を入れてはダイエットの効果が落ちてしまいますが、牛乳はどうなのでしょうか?

脂肪燃焼のためにはブラックコーヒーが一番良いですが、飲めない人は牛乳を入れても大丈夫です。

牛乳は、食事制限をしたときについつい不足してしまいがちな栄養素を多く含んでいます。そして「準完全栄養食品」とされており、栄養素がバランス良く含まれているのです。タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミン、カルシウムが豊富に含まれています。

その分カロリーや脂肪分が高いですが、取り過ぎないようにすれば問題はありません。無脂肪牛乳だと脂肪分を気にしないでいいので、それを選ぶとなお良いです。

食事制限をしていて栄養素が足りていないなと思う方は普通の牛乳を、ストイックにダイエットに励みたい方は無脂肪牛乳を選ぶようにしましょう!

 

ダイエットに効くバターコーヒーの作り方

牛乳よりも美容効果があって甘いコーヒーを飲みたい!そんな欲張りさんでも安心な「バターコーヒー」を知っていますか?

フレンチトーストやパンケーキに付ける濃厚なバターではなく、「グラスフェッドバター」というものを使用します。

グラスフェッドバターとは、牧草だけを食べてきた牛からとれるバターのことです。一般のバターは、牛に適していない餌を、太らせるために食べさせます。ですがグラスフェッドバターの牛は、栄養価が高く牛に適した牧草を食べているのでビタミンやミネラルをより多く含んでいます。

材料ですが、コーヒー・グラスフェッドバターの他に「MCTオイル」が必要です。

MCTオイルの主成分は、脂肪として蓄積されにくい中鎖脂肪酸で、エネルギーとしてすぐに利用される性質があり、体重を減少させる効果があるのです。

作り方はいたってシンプルで、コーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを加え、クリーミーになるまで攪拌させたら出来上がりです。

飲むことで、体脂肪が溜まってしまうことを抑制することや、脂肪燃焼効果が期待できます。そのほかにも美容効果や利尿作用など、嬉しい効果がたくさんある飲み物となっているのです。

 

コーヒーダイエットのおすすめのやり方

ダイエットのためにコーヒーを飲むなら、ブラックコーヒーをホットで、食前・食後・運動前に飲むことがおすすめです。

ホットが理想的なのは、体を温めて血行を促進させるためです。ですが熱すぎるとクロロゲン酸が破壊されてせっかくのダイエット効果が減ってしまうので、80度くらいの丁度いい熱さで淹れるようにしましょう。

食前に飲むと食べ過ぎを防止でき、食後に飲むとクロロゲン酸の効果を十分に発揮できるので血糖値の上昇路抑えることができます。また、脂肪燃焼効果に乗じて運動前に飲むことで、その効果が一層感じられるようになります。

運動をこまめにするからといって、飲みすぎてはいけません。カフェインを摂り過ぎると頭痛がしたり、胃の調子が悪くなったり、寝つきが悪くなったりとダイエットとは程遠くなってしまいます。何事もほどほどが丁度いいのです。

 

コーヒーダイエットは3つ効果で痩せる!【おすすめの方法も解説】 まとめ

コーヒーダイエットのポイントをおさらいします。

ポイント

・コーヒーには脂肪燃焼効果がある

・市販のコーヒーを買うなら無糖にすべき

・牛乳は栄養豊富なので飲みすぎなければ入れても良い

・バターコーヒーはダイエット効果を高めてくれる

・コーヒーの飲みすぎには注意する

 

いつも飲んでいるコーヒーの飲み方を工夫するだけで、脂肪燃焼に大きく役立てることができます。

飲みすぎては逆効果ですが、ダイエット効果と一緒に美容効果やアンチエイジングなどが期待できるので、一石三鳥以上にもなりますね。

簡単に手に入るコーヒーで、手軽にダイエットをしましょう!

-コーヒー, ダイエット

© 2021 Joyful time