Uncategorized

ファッションの流行は繰り返す?80年代や平成2000年代の歴史

ファッションの流行は繰り返すのか?

結論から言うと繰り返しています。

その理由は、近年の90年代ファッションのリバイバルブーム、フォーマルなスタイルがじわじわと出て来ているからです。

これからその詳細をお伝えします!

80年代のファッションの歴史

80年代に流行したファッションとして、ブレザーやチェックパンツ、ローファーといった学生服がルーツとなったプレッピースタイル。

1982年にパリコレデビューしたヨウジヤマモトの創始者である山本耀司さんと、コム・デ・ギャルソンの創始者である川久保玲さん。

現在ではドメスティックブランドと呼ばれるこれらのブランドは当時、DC(デザイナーズ&キャラクターズ)ブランドと呼ばれ、若者の間で大流行しました。

筆者が初めてこれらのブランドの洋服を見た高校2年生の時は「なんだこれ!めちゃくちゃかっこいいな!」と感動したのを覚えています笑

また、エアロビクスが日本で流行していたこともあり、アディダスやナイキといったスポーツブランドのアイテムが人気となりました。

そして漫画やアニメ、ゲームなどのサブカルチャーが出来上がったのもこの時代だと言われています。

80年代の時代背景としては世界的に好景気であり、みんながお金を持っている時代で、いわゆるバブルと呼ばれる時代でした。

そのため、お金を使うことが美徳とされていたこともあり、若者から大人まで幅広い年齢層の方々がファッションを楽しんでいました。

音楽業界で言えば松田聖子さんが大流行し、聖子ちゃんカットと呼ばれる髪型があったようです!

ちなみに筆者の母親は当時、聖子さんの大ファンでファッションや髪型をよく真似していたらしいです笑

また、ファッションを楽しむ人々が多かったことから同じような他者との差別化を求めるようになりました。

その結果、派手な色使いや個性的なファッションをする人々が増え、それが新たなスタイルとして認知されるようになりました。

なんだか若者がカルチャーを構築しているようですごく楽しそうな時代ですね!

このように、80年代は現代のファッションのルーツとなるようなカルチャーが出来上がっていった時代であると言えます!

この時代のファッションをしたい方のオススメは上記に挙げたプレッピースタイルですね!

アイテムとしてはローファーやボタンダウンシャツがオススメです!

ちなみに筆者は高校生の頃履いていたローファーを私服に取り入れていました!

また、1つだけでも古着で取り入れると味が出るのですごくオススメです!

 

90年代のファッションの歴史

90年代に流行したファッションといえば、ダボッとしたシルエットが特徴のヒップホップファッション!

イメージしやすいのはダンサーやスケーターなどのファッションですね!

筆者自身もダンスをしているのですごく馴染みのあるファッションです!

また、アメリカのロックバンド、ニルヴァーナのボーカル兼ギタリストであるカート・コバーンのスタイルが人気を博し、グランジファッションと呼ばれるスタイルが人気となったのもこの時代ですね!

90年代の時代背景としては、バブルが崩壊したことにより、80年代とは違ってお金を使うことが美徳という価値観とは正反対に、なるべくお金をかけないようにしようという価値観となっていった時代です。

そのため、お金をかけずにファッションを楽しもうといった若者が増えていきました。

ファッションスタイルの流れとしては、80年代は派手な色使いや個性的なスタイルが多かったのに対し、90年代はストリートや古着など少し落ち着いた印象となったようです。

また、海外の映画や音楽に影響を受けた若者が多く、それがファッションにも色濃く反映されていたようです。

それにしても、90年代は本当にストリートファッションが日本で流行していたみたいですね・・・

ストリートカルチャーが好きな筆者からすると、できることなら当時の音楽やカルチャー、雰囲気を体験してみたいです!笑

また、この時代にはギャルファッションが大流行していました。

人気の火付け役となったのは安室奈美恵さん。

そのファッションスタイルを真似する若者は「アムラー」と呼ばれ、明るい髪色や派手なメイク、厚底の靴などが当時は大ブームとなりました。

このように、90年代はファッションスタイルがかなり変化した時代ですね!

お金をかけずにファッションを楽しむために新たなカルチャーが出来上がったと言っても過言ではないと思います!

また、90年代のオススメファッションはグランジファッションです!

グランジファッションをする上でのオススメアイテムはバンドTシャツ、ダメージジーンズ、コンバースのオールスターやジャックパーセルですね!

このファッションも古着のアイテムを取り入れてコーディネートを組むことで味が出てすごくかっこよく仕上がると思います!

 

ストリートファッションの歴史

ストリートファッションといえばダンサーやラッパー、スケーターなどのダボダボしたファッションをイメージするのではないでしょうか?

もちろんそれも正しいのですが、そもそも正解や不正解はありません。

あえて言うならば、若者の間で自然発生したものや、その時代の音楽や映画、社会情勢が色濃く反映されたファッションです。

先ほど紹介した90年代のファッションと通ずるものがあり、当時流行したストリートファッションはダボッとしたシルエットが特徴のヒップホップファッションですが、そのルーツは海外にあります。

もともとは黒人の家庭で子どもに服を着せる際、お金がないため大きくなっても服を買わなくてすむように大きめの服を着せていたということが始まりです。

そして貧しい家庭で育った黒人の子どもは、ヒップホップ4大要素である「ダンス」「ラップ」「DJ」「グラフィティ」のうち、ラップで成功を納めます。

そして成功者達は貧しかった頃のバックグラウンドをファッションに落とし込みました。

その成功者と呼ばれるラッパーで代表的なのは、ウータンクランやパブリック・エナミー、RUN-DMCです。

特にRUN-DMCのファッションは特徴的で、アディダスのスニーカーを紐なしで履き、アディダスのジャージを上下共に着用し、カンゴールのハットを被り、ゴールドのネックレスを身に付けていました。

そして、古着で有名なラルフローレンやトミーフィルフィガーなどのブランドは、ラッパーをブランドのモデルとして起用します。

そこから先ほど挙げたブランドが古着として人気となりました。

これも90年代の出来事です。

このように、ラッパーがファッションアイコンとなっていったことや、ヒップホップが流行ったことで、ヒップホップが日本でも確立されていったように思います。

また、近年ではストリートファッションの流行が変化していきました。

従来のストリートファッションはオーバーサイズでダボッとしたシルエットが特徴的でした。

しかし、近年ではエイサップ・ロッキーやトラヴィス・スコットといったラッパーがグッチやサンローランなどハイブランドのアイテムを着用するようになり、ラグジュアリーストリートなどと呼ばれています。

ちなみに筆者はダンスを始めた高校2年生の頃にラグジュアリーストリートファッションを参考にしていました!

このように、ストリートファッションとヒップホップは切っても切れない密接な関係があり、時代の最先端をいくファッションだと思います!

ストリートファッションはとてもかっこいいので是非自身のファッションとして取り入れて欲しいですね!

ストリートファッションをする上でのオススメとして、90年代のスタイルでは全身オーバーサイズが最も重要ですね!

あとは帽子としてキャップやバケットハットを被ればストリート感満載です!

スニーカーはエアジョーダンやエアマックスがオススメですが、高価格なものも多いので、コンバースのオールスターやバンズのオールドスクールがオススメです!

ラグジュアリーストリートだとハイブランドのものが多いので、オフホワイトやグッチ、ヴェトモン、ラフシモンズ、フィアオブゴッドがオススメです!

しかしどれも値段がすごく高いため、エイチアンドエムやザラなどのファストファッションブランドで揃えられますよ!

シルエットはトップスがオーバーサイズで、パンツはスキニーパンツなど細身のものを選ぶと雰囲気が出てオススメです!

スニーカーはイージーブーストやエアジョーダンがオススメです!

しかしこちらも値段が高いため、バンズのオールドスクールがオススメですね!

 

2000年代(平成)の流行ファッション

2000年代(平成)に流行したファッションとして代表的なのは、ミックススタイルですね!

今でこそ主流となったスタイルですが、当時はファッションアイコンとなる人物が存在しなかったため、人々は好きなようにファッションを楽しむようになりました。

例を挙げるとするならば、カジュアルなアイテムとドレス要素が強いアイテムを組み合わせるなど、異なるジャンルのアイテムを組み合わせたスタイルです!

2000年代の時代背景として、当時は海外のファストファッションブランドの日本への進出や、セレクトショップの数が全国的に増えていきました。

安くてトレンドを意識したアイテムが多いことから、誰でも簡単にファッションを楽しむことができるようになった時代。

本当にいい時代になりましたね!

筆者自身、高校生の頃はよくザラやエイチアンドエムに服を買いに行ったのを覚えています。

では、カジュアル+ドレスの組み合わせで筆者オススメのコーディネートは、トップスが白ベースのストライプシャツ(ドレス)に、パンツはブルージーンズ(カジュアル)、靴は真っ黒の物ですね!

このコーディネートは筆者が実際にやっているコーディネートです笑

また、応用として上記のコーディネートに靴をエアジョーダンなどのストリート系のものにしたり、キャップを被ったりしてストリート感を出しつつシャツでドレス要素を出しているので良い感じにミックススタイルが完成します!

 

2018年に流行したファッションとは

2018年に流行したファッションとして挙げられるのは、90年代ファッションが再びブームを見せました!

アイテムとしてはオーバーサイズのアイテム、ブランドロゴのアイテム、バンドTやロックT、ナイロン素材のパンツやジャケット、ジャージ、ダッドスニーカーですね!

ファストファッションブランドからハイブランドまで、どこのブランドもサイズを大きく作ったアイテムや、ブランドロゴを使用したアイテムなど90年代を彷彿とさせるものを数多くリリースしていました!

また、ダッドスニーカーがかなり勢いに乗っていました!

ダッドスニーカーとは、英語でDAD=おじさん、パパという意味であり、おじさんが履いていそうなダサい靴という意味があります笑

ダサいけどかっこいいという風潮があったようで、男女問わず人気となりました。

また、バレンシアガやグッチなどのハイブランドと呼ばれるブランドがダッドスニーカーを発売したことから人気に火がつきました!

オススメのアイテムはキャップやハット、ニット帽、古着のデニムやワークパンツ、ナイロン素材のアイテム、コンバースのオールスターやエアマックスです!

 

2019年に流行したファッションとは

2019年の流行したファッションとして挙げられるのはフォーマルスタイルです!

ここ数年ストリートの流れがあり、それが少し抑えられたと思います。

また、ストリートの流れが完全になくなったわけではなく、フォーマルの中にストリートの要素を足すなどかっちりした中でもどこか抜け感のあるスタイルでした。

他にも、セットアップスタイルがトレンドとなり、特に同系色のものですね!

また、カラーやデザインとしてはパープルや総柄がトレンドとなっていました!

パープルは原色ではなく、少し薄い色味のものが取り入れられていました。

総柄に関してはシンプルなものが主流となっていましたが、全体をシンプルでまとめ、その中に総柄を少し取り入れることでお洒落に見えると思います。

オススメとしては、少しゆとりのあるセットアップに靴やインナーでストリート感のあるアイテムや、総柄の派手なアイテムを取り入れたスタイルですね!

 

ファッションの流行は繰り返すのか まとめ

ファッションの流行は繰り返すのかということですが、結論から言うと繰り返すと思います。

その理由は、近年の90年代ファッションのリバイバルブーム、フォーマルなスタイルがじわじわと出て来ているからです。

また、トレンドなどで同じようなファッションをする人々が増えると差別化を測ろうとする人も現れると思います。

それがファッションアイコンと呼ばれる人で、こういった人が新たなファッションスタイルを確立する場合もあれば、ブランド側が芸能人など影響力のある人を使って宣伝する場合もあり、それを見た人々がそのスタイルやアイテムを取り入れて流行となっていくこともあるでしょう。

以上のことから、ファッションの流行は繰り返すと言っていいでしょう!

また、流行の歴史やブランド、アイテムのルーツを辿っていくとおしゃれがさらに楽しくなるので是非調べてみることをオススメします!

-Uncategorized

© 2020 Joyful time