ギター

ギター初心者におすすめの曲や楽譜解説!一曲弾けるようになる方法

「ギターを弾いて歌えるようなれたらいいなー」って思ったことありますか? 思うだけなら多くの人が思った事あるはずです。もう一歩進んで「ギターを買ったけど挫折した」って人もいますよね? 私もそんな感じでした。

そんな私も今では「歌詞」と「コード」があれば、どんな曲でも弾けるようになり、バンドも10年以上やってます。作詞・作曲もやるようなりました。

そんな初心者だった私がどうやって「ギターで一曲弾ける」ようになったのか?
それを伝えられたら良いな、と思って書いて見ようと思いました。

ギター初心者へのオススメ練習曲

練習するには、まず何の曲で練習すれば良いか? これを間違うと、つまづきます。
かといってあんまり、古臭い曲も嫌だと思うので、2019年5月時点での「譜面サイト」の人気曲100曲から「ギター初心者向け」の曲を10曲ほど選び出しました。
(参考サイト:楽器.me https://gakufu.gakki.me/)

・マリーゴールド/あいみょん Capo:2
・君はロックを聴かない/あいみょん
・チェリー/スピッツ
・ロビンソン/スピッツ Capo2
・楓/スピッツ Capo:1
・栄光の架け橋/ゆず Capo:4
・3月9日/レミオロメン Capo:5
・ずっと好きだった/斉藤和義 Capo:3
・桜坂/福山雅治
・若者のすべて/フジファブリック Capo:1

これら選曲のポイントは

「LOWコードで殆ど弾ける」
「一曲で使うコードが5個位」

という点から選びました。これなら初心者でもチャレンジ出来るはずです。

オススメは「あいみょん」「スピッツ」です。この二人の曲は他の曲でも弾けるものが多いです。初心者向けには丁度良いアーチストです。

”Capo"と書いてるのは、”楽器.me”の曲のページに行くと、”Capo”ボタンがあります。そこを押した時に「LOWコード」に変換されるのです。”Capo:2”であれば「”カポ”を2フレットに付けて弾いて下さい」と言う意味です。(”カポ”は知ってる前提で書いてます)

※LOWコード:2,3フレット目で左手の指を2,3本だけ押さえて鳴らすコード

 

練習方法

実際の練習方法です。

1. 先の曲があるサイト『楽器.me https://gakufu.gakki.me/』のサイトに行き、
「アーチスト名」「曲名」で練習曲を探してください。
2. 練習曲のページに行ったら、Capoが必要な曲は Capoボタンが
画面左上にあるので押下してください。
指定のフレットにCapoを付けてください。
3. 画面に歌詞と歌詞の上にギターの「コード」が出ています。
弦の押さえ方がギターの「コード」のリンクを押すと「弦の押さえ方」が
出てきます。
4. イントロ部分は飛ばして、歌の1番の歌詞のところのコードを左手で押さえ、
右手は曲のリズムに合わせて、上下にストロークで弾いて行きましょう。
5. 歌が進んで行ったら、右手のストロークはそのままで、
左手だけを次のコードにコード・チェンジして行きます。
これを曲の最後まで繰り返していきます。

練習はこんな形で進めていきます。最初はコード・チェンジで止まってしまうかもしれません。でも気にせず、一つ一つのコードの押さえ方を確かめ、コツコツと進めて見てください。

「左手の弦の押さえるコツ」「右手のストローク」の基礎を掴むため、1冊初心者向けの「ギターの弾き方」の本の購入をオススメします。そこに「コード」についてや、右手のストロークのコツが書いてあります。これは基礎事項になるので、基礎項目は1冊本を購入して学習するのが良いです。

 

一曲弾けるようになるまでの道のり

弾けるようになるには「初心者の壁」を上手に避けるのが良いと思います。
その壁は大きく3つあります。

1.弦を押さえる指の痛み
2.バレー・コード(FやBm7)
3.コード・チェンジ

この3つをどうやって乗り越えるかです。これを乗り越えたら「初心者 卒業」です。その時には、「一曲弾ける」ようになってます。

「指の痛み」の対策は「押さえ易いエレキ・ギターを使う」のがオススメです。アンプも使わなくていいです。エレキだったら、部屋でジャンジャカ弾いても、近所迷惑にならないので、夜でも練習できます。アコースティック・ギターにこだわる方は頑張って下さい。「指の痛み」は一ヶ月超えたら慣れてくるかもしれません。

「バレー・コード」はとりあえず、見よう見まねでやって下さい。鳴らない弦があって、スカスカ鳴っても気にしないでください。コツは「スルー」して次へ行く事です。これは「初心者 卒業」直前でも出来ないかもしれません。気にしないで前に進むのがコツです。

そんなの「コツ」じゃないって言いますか? 「コツ」なんですよ。私も最初はスカスカ言って綺麗に鳴りませんでした。でもギターを始めて、1〜3ヶ月位経った頃に気がついたら出来るようになってたのです。自分でも良くわかりません。

楽器の上達って「神経回路の出来上がり具合」だと思います。なので、焦っても出来ませんし、個人差もあります。なんだかわからないけど、気がついたら出来るようになってる事が多いのが”楽器演奏”なのです。

だから、気にせずスカスカで進んでください。そのうち鳴るようになってます。

最後に「コード・チェンジ」です。これもやってるうちに出来るようになります。「バレー・コード」よりも早く出来るようになります。最初はゆっくり、立ち止まりながらチェンジしていけばいいんです。

一つ一つのミスを気にせず「部分的でもいいので、弾いて歌ってる気分」を楽しんでください。そうやって、1コーラス出来るようになれば、最後まで弾くのも、すぐ出来るようになります。

 

ギター初心者におすすめの曲や楽譜、一曲弾けるようになる方法 まとめ

とにかく「初心者を卒業」するには「楽しんで続ける事」です。楽しめたら、続ける事ができます。続ければ「指の痛み」「バレー・コード」の問題も解決していきます。

残念ながら「一夜にして出来るようになる方法」はありません。でも、ここまでのやり方が「近道」なのです。音楽は楽しむものです。楽しんで続けられる人が弾けるようになれるのです。

ちなみに私は一曲ちゃんと弾けるようになるまで一ヶ月位かかりました。最初に弾いたのは「大空と大地の中で/松山千春」です。

それでは検討を祈ります。

-ギター

© 2020 Joyful time