婚活

婚活アプリに疲れたら。楽していいねをもらうコツを伝授!

婚活アプリを始めたけど、全然いいねもらえない!いいね送ってもマッチングしない!マッチングしても全然会えない!も~疲れた!!!

婚活アプリは手軽に始められるからこそ、使いこなしている人が少ないように思います。いいねを送って、向こうからもいいねをもらって、マッチングして、デートの約束をして…と実際やり始めると意外とやることが多いのもわかるでしょう。思ったよりマッチングできない!なんて疲れたり、自分に魅力がないと落ち込んでしまったり。

婚活アプリにはコツがあります!

頑張っているのに全然マッチングしないのは、あなたに魅力がないのではなく、婚活アプリの使い方がわかっていないから。お相手とマッチングするには、パーティーや街コンとは違う、婚活アプリ特有のコツがあります。そのコツさえ掴めば、婚活アプリはもっと楽になります。

いいねをもらえる、もらえないの分かれ道はここ!

プロフィールも頑張ったし、写真もいい感じ…でもいいねがもらえない!婚活市場では私のスペックが低いから、いいねがもらえないのかな…。

その自己否定待ってください!

婚活アプリでいいねをもらうのはちょっとしたコツが必要です。プロフィールを充実させた後にすべき、今から挙げるコツを試してみてください!

毎日ログインする

基本的に婚活アプリは毎日開いてください。いいねを送るのは男性も女性も勇気がいります。勇気を出して送ったいいねが返ってくる確率を上げるために、送る側はなるべくアクティブユーザーにいいねを送ります。朝起きたら開く、通勤電車で開く、など、何もしなくていいので毎日ログインしましょう。

足あとをつけてみる

大抵の婚活アプリにはいいねとは別に足あと機能があると思います。足あとは、あなたのプロフィールを見ましたよという印ですね。アプリでお相手を探す時、自分の理想の条件で検索しますよね。つまり、足あとを付けられた側にとっては、「俺/私は、この人の条件はクリアしているんだな!」というお知らせにもなります。いいねする側として、こんなに勇気付けられることはないですよね。積極的に足あとペタペタしましょう!

有料会員になる

企業の回し者と思われてしまいそうですが…無料会員なのか有料会員なのかは、結構重要だったりします。特に恋活より婚活メインのアプリであればある程、有料会員にならないといいねがきません。何故なら、真剣味にかけるから!

真剣に婚活している人は、真剣に婚活しているお相手を探しているので、「いいねがきたら有料会員になればいっか~」程度の気持ちの人とは、熱量に差があるのでいいねを送りません。

ただ、恋活アプリの場合はあまり関係ないのかもしれませんね。

 

自分の理想の相手がいるアプリを使えばマッチング率アップ!

いいね送ったり、もらったりするけど、なんだかマッチングしない…。

そんな人は恐らく使うアプリを間違えています。ただ恋活がしたいのに、婚活がメインのアプリを使ってもマッチングしないですし、逆もまた然り。自分が出会いたいお相手のいるアプリをきちんと選びましょう。チェックすべき項目は3つ。

恋活か婚活か

婚活、つまり結婚を目的にしているのならば、真剣に婚活している人が集まるアプリを使うべきです。筆者が特におすすめしているのは「女性も有料のアプリ」です。お金を支払うというのは真剣さの意思表示にもなります。女性が婚活に真剣だと、男性も婚活に真剣な人が集まってきます。結果的に出会いやすく、交際にも発展しやすいです。

年齢層が合っているか

アプリの名前で検索すれば、大体の年齢層は出てきます。自分の理想の年齢層が厚いアプリを選びましょう。年齢に大したこだわりがない方は、自分と同じ年齢層が厚いアプリにしましょう。極端にアプリの使用が少ない世代ならば、複数アプリを併用する、アプリ以外の方法を考えることも必要です。

メッセージからデートまでの平均的な期間が自分に合っているか

大抵のアプリはメッセージのやりとりから会うまでは平均2週間と言われていますが、実際はアプリによって少し差異を感じます。アプリを比較検討する際に、ネットで体験談など目にするのではないでしょうか。

出会った人数が多いアプリは男女共に実際に会ってみる人が多く、少ないアプリはメッセージの段階で人柄を探っているのだと思います。自分は気軽に会えるか、メッセージで人柄を知って安心したいのかを考えてみましょう。

 

マッチングしてから出会うまでの攻略ルートは、最初が肝心

いざお相手とマッチングして、メッセージのやりとりができるように!ここから、実際に会うまでで、つまずく方も多いです。人柄や価値観の不一致は仕方ないとして、それ以外の問題で、会いたくないと思われては残念ですよね。マッチングしてから出会うまでの攻略ルートは、最初が肝心です。

まずは挨拶と感謝を

はじめまして、いいねありがとうございます。この文章をスマホのユーザー辞書に登録してください。第一印象で丁寧さをアピールしてください。

メッセージを送りすぎない

相手の返信がないから、追撃でまたメッセージを送る。相手に色んな話題を提供したいから、スクロールしても終わらないような長文を送る。こうなってくるとお相手は、メッセージの返信を悩んでしまって、そのままフェードアウトします。メッセージは、ラブレターではないので、返信のしやすさを意識して、文を削るくらいでちょうどいいですよ。

好意を送りすぎない

写真も好み、文章からにじんでくる人柄も最高!となれば、ぜひ会いたいが故に、好意をメッセージで送ってしまいますよね。でも、いったん落ち着いてください。まだろくに知らない相手に過剰な好意を持たれると、イメージの押しつけや重圧を感じてしまってフェードアウトしがちです。また、下心を感じる好意は、特に女性は引いてしまいます。可愛いですねではなく、笑顔が素敵ですね。好きですではなく、尊敬します。好意はきれいに簡潔に変換して、送りすぎないようにしましょう。

 

女性はきちんと自衛を!こんな男性には気を付けて

大抵の婚活アプリは身分証の提出などで、ヤリモク(婚活、恋活ではなく、性行為目当てに異性を探している人)などを排除するようにしています。しかし、どれだけアプリが頑張っても掻い潜ってくる奴もいます。特に力が弱い女性は、被害にあわないように自衛をしてください。こんな男性には、気を付けて、会わないようにしてください。

・マッチングしてすぐに会いたいと言ってくる人

・デートしていないのに、婚活アプリ以外の手段で連絡をしようと誘う人

・他の写真が見たいと言ってくる人

・初デートでドライブ、カラオケ、部屋など密室に誘う人

・初デートで自分のテリトリーに誘う人

最後の、自分のテリトリーというのが意外と盲点で、自宅の最寄り駅や職場の近くなどにして、散歩なんて称して自宅に引き入れる男性というのがいます。タクシーもない、駅も遠くなってしまい、女性が1人で帰りづらいところに連れて行ってしまう。相手が信用できるまでは、自分1人で帰宅できる範囲、土地勘のあるところでデートをするようにしましょう。

 

もう疲れた。そんな時に見直したいアプリの使い方

メッセージ返すのだるい、いいね送って反応待つのも疲れた…。そんな時に見直したいのがアプリの使い方です。疲れてしまった人も、これから始める人も、実践してほしい疲れないアプリの使い方は3つ

アプリの使用時間を決める

1日15分、25分など、アプリを開いている時間を決めてください。メッセージが返しきれなくても、いいねが確認しきれなくても、25分過ぎたらアプリを閉じて、その日はもう開かない。iPhoneなら、スクリーンタイムで制御してしまいましょう。だらだらやることを防ぐと、婚活アプリは楽になります。メッセージは次の日に返せばいいのです。

アプリの通知をオフにする

「いいねが届きました」「メッセージが届きました」通知は全てオフにしてください。パートナーになるかどうかまだわからないお相手に、私生活を振り回されないためです。自分が落ち着いてやれる時間に一気に確認すればいいのです。

お相手の反応を気にしない

難しいですが、お相手の反応は気にしないでください。いいねを送ったら、その人のことは一旦忘れる。メッセージを返したら、その内容は一旦忘れる。自分がとれるアクションをとったら、全て忘れて次に行きましょう。反応が返ってきたら記憶を取り戻してください。なければそのままキャッシュクリアしましょう。どんなに素敵な人でも、交際しなければ赤の他人です。脳の容量を割かなくていいのです。

 

婚活アプリに疲れたら。 まとめ

婚活アプリは手軽に始められる婚活として、今の婚活に欠かせないものになりました。だからこそ、上手に使いこなして素敵な結婚を呼び込みましょう。今回はそのために必要な最低限やってみるべきアクション、知っておくべきコツをお伝えしました。

婚活以外も忙しい現代人のためにあるような婚活アプリ、できる限り楽して、楽しく使っていきましょう!

-婚活

© 2020 Joyful time