猫の種類一覧保存版! 大きさや長毛、品種やおとなしい猫の徹底解説

近年は空前の猫ブームです。

Youtubeを開けば猫のサムネイルを何度も見るのではないでしょうか?

愛くるしい姿に癒しを求めて猫を飼いたいと思っている方はたくさんいます。

その際、こういった疑問をお持ちになるでしょう。

「猫って何種類いるの?」

「飼いたいけど、どんな猫がいるんだろう?」

「初心者でも飼いやすい品種はなに?」

マンション暮らしだから静かな猫が欲しい、飼ったことがないので選択を誤ったら不安という人は多いです。

ということでオススメの猫を紹介します!

猫の品種は約300種

猫の品種は、品種登録団体に登録されることで認識されます。

品種登録している猫は60種です。

公認されていない猫もおり、その数は約250種。

合わせて約300種もの品種がいます。

おとなしい猫の種類は?

「猫は騒がしくて部屋中を荒らす生き物」「ソファーをズタズタにされた挙げ句に引っかかれるんでしょ?」

そんなイメージをお持ちの皆さんに朗報です!

個体によりますが、猫にも静かで紳士的な種類がいます。

もっとも飼いやすいとされる、おとなしい猫の種類を見ていきましょう。

ペルシャ

貴族の隣にいるイメージが強いペルシャは、『猫の王様』という異名を持ちます。

その異名のとおり上品で静かな猫です。

温厚であまり鳴くことがなく、愛情深いため良好な関係を築けるでしょう。

ラグドール

英語で『ぬいぐるみ』という意味のラグドールは、抱っこされるのがとても大好き。

抱っこされた途端に脱力して身を預けるほどなので、たっぷりと構ってあげましょう。

のんびりとした性格でおとなしいです。

ロシアンブルー

ボイスレスキャットと呼ばれるほど静かな猫です。

誰にでも懐くわけではなく、家族で飼えばその中の誰かひとりに懐きます。

見ず知らずの人がくると隠れてしまうほど人見知りですが、忠誠を誓った人が他の猫に気を向けると嫉妬するので、均等に愛情を注ぎましょう。

スコティッシュフォールド

特徴的な折れ耳ですが、生まれた瞬間に折れているのではなくて徐々に折れていきます。

性格は穏やかで甘えん坊です。

他の猫と比べるとあまり動かないので部屋が荒らされることはないでしょう。

エキゾチックショートヘア

ペルシャとアメリカンショートヘアのハイブリッドです。

優しく物静かな平和主義を重んじる猫。

ペルシャの血を受け継いでいるので愛情深い面もあります。

 

長毛の猫の種類は?

毛が長い種類もおとなしいとされています。

短毛種は野生の遺伝子が濃く残っているため活発ですが、長毛種は落ち着いた猫が多いです。

ちなみに毛が4~5cmあれば長毛種に分類されます。

サイベリアン

極寒であるシベリア生まれのため、寒さをしのぐために発達したその長毛は他を凌駕するほどモフモフです。

性格は温厚で従順かつ辛抱強い面がありますが、縄張り意識が高いので認められないと飼い主であろうと雑に扱われるので、友好関係はしっかり築きましょう。

ソマリ

アビシニアンという短毛の猫の突然変異として生まれた種類です。

性格は甘えん坊で、人とコミュニケーションを取るのが好きなのでしつけやすい猫です。

アビシニアンと同じく『鈴を転がしたような』美しい声で鳴き、うるさくないので飼いやすいです。

ターキッシュアンゴラ

小さな顔にアーモンドのような形の少し吊りあがった目をしています。

四肢と胴体はほっそりと長く引き締まっており、その身体の特徴からバレリーナと揶揄されます。

性格は、誰かひとりと深い関係を築くのを好みます。

ヒマラヤン

ペルシャとシャムのハイブリッドで、2匹の優美さと上品さを兼ね備えた至高の猫です。

真っ黒な顔の毛の色がシャム、長い体毛とずんぐりとした体型がペルシャを彷彿とさせます。

シャムの行動力と、ペルシャの温厚さ2つの性格を持ちます。

バーマン

ミャンマーで神秘的といわれている猫です。

足元の毛だけが大きくふくらんでおり、そこだけ白いというキュートな見た目。

落ち着いていて優しい性格で、鳴くことも抜け毛も少ないため飼いやすいです。

 

大きさのある猫の種類は?

小型よりも大型のほうがおとなしいとされています。

体重5g以上の猫が大型に分類されます。

活発に動くことが比較的少ないため、家の物を壊されたくない方は注目してみてください。

メインクーン

ジェントルジャイアントと呼ばれるほど紳士な大きい猫です。

その大きさはギネス記録に載るほど。

投げたボールを取りに行くほど頭が良いです。

誰に対しても人見知りせず、人間の子どもと遊んでくれるため家族で飼うには最適でしょう。

サイベリアン

メインクーンの近縁種とされていて、大きくなる理由が分かりますね。

骨格がしっかりして筋肉質なので、巨体に反して高いジャンプができるほど運動神経は良いです。

ラグドール

ぬいぐるみと揶揄されたのには大きさも関係しているのでしょう。

ラガマフィンの元となった品種のため大きさはほぼ同じですが、稀にメインクーンのように1mを超える個体もいます。

ラガマフィン

『猫のテディベア』という可愛らしい異名を持つ、ラグドールとペルシャのハイブリッドです。

ペルシャの血が入っているためかラグドールより可愛らしい顔つきをしています。

ラグドールやメインクーン同様、人間の子どもと仲良くできるため、小さいお子さんがいる家はオススメです。

ノルウェー・ジャン・フォレスト

極寒のノルウェーで生まれたためフカフカの長毛が特徴的です。

サイベリアンと容姿が似ていますが、性格はノルウェージャンフォレストのほうがクセがない優しい猫です。

 

人気の猫の種類は?

スコティッシュフォールド

人気Youtuberが飼った影響もあってか人気は堂々のトップ。

チャーミングな折れた耳が人々の心を射止めます。

おとなしくて飼いやすいのも魅力のひとつでしょう。

アメリカンショートヘア

キングオブ猫と名高いアメリカ代表。

人気の理由は明るい性格と親しみやすい点です。

賢くてしつけもしやすいでしょう。

マンチカン

そのあどけないフォルムにメロメロになる人は少なくないでしょう。

好奇心旺盛で社交性があるため多頭飼育も可能です。

ちなみに長毛のマンチカンロングヘアもいます。

ノルウェー・ジャン・フォレスト

大きな見た目に反してよく動き、性格もフレンドリーで温厚なため人気を博しています。

大型長毛種の猫入門みたいな名目で飼うのもよろしいかと思います。

賢いのでしつけもしやすいですし、お茶目な面もあって飽きないです。

雑種

三毛猫を代表とする日本猫たちです。

見た目と性格の多様性から人気があります。

ペットショップでの取り扱いも多く、自分好みの猫に出会える可能性が高いです。

 

雑種はどれだけの種類がいる?

雑種とは、違う種類の猫同士が交配して産んだ猫のことです。

日本にいる猫の約80%が雑種といわれています。

雑種の猫は、様々な猫の血が混じっているため身体が丈夫です。

猫にかける医療費が少なくなるし、あまり病気にかからないので長生きします。

雑種は大きく分けて6種類います。

黒猫

黒猫は動くものが好きなので猫じゃらしで遊んであげるのがいいでしょう。

空気を読むことに長けていて、飼い主の行動に合わせて自らの立ち回りを変えるほど賢い。

クールな見た目とは裏腹に警戒心が薄く、人懐っこくて甘えん坊です。

白猫

キレイな体色が目立つゆえに野生では外敵に狙われやすく、生き残るために気が強くならざるを得ませんでした。

そのため性格は愛らしい見た目と違い、用心深くて攻撃的です。

初心者には少々扱いにくい種類でしょう。

三毛猫

白、黒、茶色が混じった猫です。

ある症候群によりメスしか生まれないという不思議な猫。

マイペースな性格で、距離をとったり甘えてきたり気分屋な面を持ちます。

トラ猫

トラ猫には3種類に区別されます。

茶色い毛に黒の縞模様が入っているのがキジトラ、キジトラが銀色の毛になったのがサバトラ、濃いオレンジ色の縞模様があるのが茶トラです。

どの種類も人懐っこいため初心者は飼いやすいですが、特にオススメなのは3種類の中で一番甘えん坊な茶トラでしょう。

ブチ猫

額から割れるように色が分かれているのが漢字の”八”に見えるため、ハチワレとも呼ばれます。

ブチ猫は体色によって性格が分かれ、黒色が多いと明るく穏やかになり、白色が多いと気が強くなる傾向があります。

初心者が飼いやすいのは黒が多いほうでしょう。

サビ猫

黒色と赤色が混じった見た目が錆のようなのでサビ猫といいます。

協調性が高くて愛情深い性格の良い猫です。

三毛猫同様、メスのほうが多いとされています。

 

日本にはどんな種類の猫がいる?

日本猫はネズミを捕るために中国から取り寄せたのが起源とされています。

戦後、外国から日本に持ち込まれた洋猫と日本猫が交配を繰り返し、いま日本にいる雑種猫たちの祖先となりました。

つまり三毛猫を代表とする日本に住む雑種猫が日本猫なのですが、1つだけ日本固有の種類がいます。

ジャパニーズボブテイルという短い尾が特徴的な猫です。

この猫は複雑な立場にいます。

アメリカ人が尾の短い日本猫を気に入り、持ち帰って繁殖を繰り返しました。

その後、アメリカの品種登録団体がジャパニーズボブテイルを品種登録したのです。

まさに今のグローバル社会を代表とする猫なのでしょう。

ちなみに性格は知的で、環境の変化に強くて飼い主に甘えることがないです。

 

猫の種類一覧 まとめ

気に入った種類はいましたか?

個体差はあれど、長毛で大型の猫が比較的おとなしいです。

また、オスよりもメスのほうが性格はのんびりしているとされています。

以上の点を踏まえると初心者が飼いやすい猫は『大型で長毛種のメス』となります。

参考までに楽しい猫ライフをお楽しみください!

-

© 2020 Joyful time