婚活

婚活でのプロポーズは何回目?指輪は必要?期間やタイミング解説

婚活で恋人ができたのはいいんだけど…実際ここからどうやって結婚していくの!?婚活でマッチングして、付き合った…まではよく聞くけど、実際プロポーズした/された話が知りたい!

「婚活」と銘打ってお付き合いを始めた訳ですから、当然2人の目は結婚に向いているのは当然と思いますよね。でも、実際プロポーズする/されるとなると悩むことはたくさんあります。出会って数ヶ月なのに、結婚を決めてしまっていいのか、なんでプロポーズしてくれないのか、ロマンティックなプロポーズをするべきなのか…。

筆者は、筆者自身も周りも婚活から結婚して幸せな夫婦生活を送っている方々が多いです。そんな経験を基に、皆様のお悩み解決のお手伝いができたらと思います。そう、お手伝いです、結局のところプロポーズにおいて

覚悟を決められるのは自分だけ!

何回目よりも大切なものは具体的に想像できるかどうか

大体婚活カップルは何回目でプロポーズに至るの?

なんて筆者も聞かれたことがあります。回数はわかりませんが、婚活から恋人になったカップルに共通してみられるのが、スピーディーに話が進むことです。付き合って3回目のデートでプロポーズされた、なんて話も聞きます。そして、そのパターンで拗れやすいのが、片方だけ気持ちが付いていかないカップルです。

気持ちが盛り上がっている方からみると、「結婚する気でお付き合いしたんでしょう?何故悩んでいるの?」となります。しかし、気持ちがついていかない方から見れば「結婚したいとは思っているけど、性急すぎて、今すぐうんとは言えないよ」といった具合です。この場合どちらが正しいとか間違っているとかはありません。

デートの回数よりも重視すべきは、恋人と結婚した時のことを具体的に思い浮かべられるかどうかです。

大抵のカップルは同居婚をするのではないでしょうか。この人と一緒に暮らしてどうなるか、病気をしたらどんな対応をしてくれるか、弱っている時に優しくできるか、仕事は?子どもは?向こうの両親、こちらの両親は?

様々な想像をしてみてください。自分1人より、恋人と2人で想像した方がいいでしょう。そこで不安が解消できる、あるいは来年入籍の方がよさそうだ、など結婚の足並みを揃えることができるのが大切です。結婚生活は、考えなければいけない問題がたくさんあります。この時点で、一緒に足並みを揃える話し合いができる相手であるというのは、大きな後押しになるのではないでしょうか。

 

付き合って3ヶ月でのプロポーズもアリ

婚活の特徴として、先程述べた通り「結婚という目的があって」交際していることがあります。本人たちの意識によっては付き合って3ヶ月のプロポーズもアリだと思います。筆者はプロポーズこそ半年以上後でしたが、交際して初めてのデートの時点でプロポーズの予告をされていました。真剣に考えてくれているのだなと嬉しく思った記憶があります。

とはいえ、その時点で返事を期待されても上手くできなかったでしょう。もし3ヶ月以内の早いスパンでプロポーズをしたい方は、プロポーズの返事を求めないという形でしてみるのはいかがでしょうか?「あなたと結婚したいという意思がある」を伝えるプロポーズです。知っておいてほしいという形でお伝えして、もしお相手も同じ意識でいてくれるのならば、後日改めてプロポーズしましょう。

後述しますが、タイミングの意味合いでサプライズでのプロポーズは、かなりの難易度があるのでお気を付けくださいね。

 

プロポーズされない不安は、自分にしか解消できない

えっ…婚活カップルってそんなにプロポーズ早いの…?私全然されないよ…不安だよ…。

なんて方もいらっしゃるでしょう。こればかりは個人差なので、遅いとも早いとも、おかしいとも言い切れません。ただし、婚活を通して知り合ったということは、結婚の意思があるということをお互いに前提として交際のはずです。1年を経過しても結婚に関しての話題が出てこないのならば、こちらから話題にしてみましょう。

決して責めるような口調ではなく、「これからの自分たち」についてどうしていきたいのか、意見の擦り合わせをするつもりで。お相手のキャリアプランを聞いておくのも大切です。何も言わないまま、「この資格が取れたら」「この階級に上がったら」と思っている人も多いのが事実です。

もし結婚についてマイナスな意見、はぐらかされる、といった場合にはお付き合い自体を考え直すのも必要です。結婚したいと思って出会ったもの同士なので、未来が見えないというのはあまりよろしくありません。今すぐ別れるまではしなくても、少しお互いに離れて考えてみるのはどうでしょうか。

このタイミングで部屋の掃除をしてみる、貯金や保険を確認してみる、料理スキルを磨いてみる、仕事に打ち込んでみる。忙しい現代人、恋愛以外にやることはいくらでもあります。

プロポーズされない不安から解消されるには、自分で何かしらのアクションを起こすしかありません。そして、お相手が不安を解消してくれる=すぐにプロポーズしてくることもほぼありません。もし自分が離れる選択肢を取らないならば、覚悟をもってお相手のそばにいてください。

 

彼氏にプロポーズさせるには、シンデレラを見習おう

結婚するなら彼がいい!どうしても!早急に!プロポーズされたい!

なんて方もいらっしゃるかもしれません。女性からのプロポーズも聞きますが、男性からしてほしいという乙女心も筆者はとてもわかります。どうしてもプロポーズさせたい!という人におすすめしているのが「シンデレラを観る」ことです。

シンデレラはすごいです。王子様が自分に気があることをわかって、自分からダンスを終わりにして、探すのが大変な靴だけ残して去っていきます(個人の見解です)。恐らく、シンデレラが朝まで舞踏会に参加していたら、王子は他の淑女も物色する余裕があったのではないでしょうか(個人の見解です)。

舞踏会に行く現代日本人は多くないと思うので、身近なところまで落とし込んでみましょう。例えば転勤で海外に行くので、今のように気軽に会えなくなってしまう。そんな時に「転勤についてきて欲しい」あるいは「ずっとそばにいてほしい」とプロポーズをする話はよく聞きませんか?

つまり、シンデレラの12時の鐘は、二人の関係性が物理的に、心理的に離れてしまう状況です。こういう時に人は、プロポーズをして法的に、社会的にお相手を縛ろうとします。この状況を自分で引き起こすとしたら、答えは一つ。「ともかく何かに打ち込んで忙しくする」です。この人はきちんと捕まえておかないと、離れて行ってしまうかもしれないと思わせてしまいましょう。

 

プロポーズの仕方、指輪が欲しいかは本人に確かめてみよう

指輪欲しいって人もいるし、要らないって人もいる…プロポーズはサプライズじゃなきゃダメ!?もうどうすればいいの!?

なんてお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

筆者は敢えて言い切りますが、本人にしっかり確かめてください。

指輪に関して、趣味などはもちろん、アレルギーなどの問題もあります。また、母から譲り受けたダイヤを加工したいと思っている人もいます。こればっかりは本人しかわからない領域です。筆者の友人にも、婚約指輪は要らないから結婚指輪にお金をかけたい人、婚約指輪ではなく婚約○○(アクセサリーではない)を買ってもらった人、全く本人の雰囲気と合わないブランドを貰った人、要らないと言っていた婚約指輪をサプライズでもらって大切にしている人など色々います。

こればかりは本当に個人差です。本人に聞くしかないです。

プロポーズの仕方もみなさんお悩みかもしれませんが、最低限「サプライズ」がアリかナシかの確認はすることをおすすめします。サプライズというのは、下手をするとマイナスに働きます。サプライズを計画していて、ずっと結婚時期やプロポーズを有耶無耶にしていた人のお相手は、泣きながら別れを決意していました。この方は、ギリギリ間に合って結婚しましたが、周りから見たら本当に危機一髪でした。

プロポーズをする側も大変だと思いますが、される側も、それなりに準備したいという想いはあります。筆者に至っては「結婚という人生に大きく影響を及ぼす事柄をサプライズして欲しくない」というロマンの欠片もない本音を伝えていました。

もう一度言いますが本当に個人差です。本人に聞くしかないです。サプライズがアクシデントにならないようにしましょう。

 

婚活でのプロポーズは何回目?指輪は必要? まとめ

いかがでしたか?この世にたくさんの夫婦がいて、その数のプロポーズの形がありました。大体3回目のデートで告白して…というセオリーがある婚活とは違い、どうしても個人差が多いところになってきます。つまり他人ではなく、自分自身で覚悟を決めることが、プロポーズにおいては重要です。

婚活カップルは結婚という目的を前提に出会っているので、プロポーズに近い位置にいるかもしれません。だからこそ、より主体的にプロポーズに対して取り組んでいくこと、その上でお相手と足並みを揃えていくことが大切です。この記事を読んで、2人にとってより素敵な思い出になるプロポーズに近づくお手伝いになれば嬉しいです。

-婚活

© 2020 Joyful time